フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« グラインドスタジオ | トップページ | HEIWA・PGMチャンピオンシップ »

2019年10月28日 (月)

ZOZO

日本でのPGAツアー初開催。

色々なことがありました。

本日月曜日までかかって72ホール終わらせたことは凄いと思うし、
また終了させることに関して各方面の並々ならぬ努力があったことに敬意を表したいと思います。


話せることと話せないことがありますが、

4年近く前・・、
JGTOが青木会長以下の体制に変わったとき、USPGAツアーかW杯を誘致したいという話になりました。


本当に各方面の水面下の努力があって、
ZOZOの前澤さん以下、素晴らしい熱意があって、


今回ZOZOチャンピオンシップを迎えられたことに感慨深いものがありました。
しかも共催という形で。

世界最高峰が日本で観られるということに、
多くの方々が熱狂しました。

JGTOのメンバーも多くが挑戦いたしました。

私個人としてはもう少しみんな戦えるかなって思っていましたが、
なかなかそうともいかなかったなーというのが率直な感想です。


まだ1年目。

来年以降、この最高峰のフィールドを夢見た選手たちが、
続々とプロフェッショナルになだれ込んできます。


AbemaTVツアーの充実を図るとともに、
スターを夢見る選手たちへのお膳立ては一つ出来たのかなとも思います。



ラグビーのW杯も盛り上がっておりますが、

やはり日本人選手、特にJGTOのフィールドに居る選手たちがここに挑んでいき勝利にする、またはそれに近い形で毎年盛り上げられるようになれれば全体の底上げを図れていることにもつながってくるはずです。



私はAONの全盛期をみて育ちました。


特に青木さんの自伝を本が擦り切れるまで読みあさりました。

そんな青木さんと仕事が出来てることを誇りに思います。


青木さんが大変な努力をしていることを皆は知りません。
そりゃそうです、それは表に見せませんから。

これからの男子プロの為に私も全力を尽くします。

ゴルフという素晴らしいスポーツに熱狂してくれた多くのファンの皆様に改めて感謝したいと思います。

« グラインドスタジオ | トップページ | HEIWA・PGMチャンピオンシップ »