フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月23日 (土)

コースセッティング

コースセッティング
今年は8試合担当させていただくこともあり、下見も始まってきています。


昨日はツアー選手権の会場、宍戸ヒルズに行ってきました。


ここのコースはツアー選手権と共に成長していってる本当に素晴らしいコース。

今年もマイナーチェンジが3ホールあります。


楽しみです。


ツアートーナメントとして求められるものは、そこまで厳しい条件だとは私は思いません。

私たちが芝の管理のことを知ることと同じように、芝の管理の方々がゴルフを知ることによって思いは擦り寄る筈です。

ツアー選手権の求めららているグリーン上の数字だけでみると、

スティンプ12〜13

コンパクション24〜25


ティー
フェアウェイ 9mm

ファーストカット25mm

ラフ80mm〜100mm

ざっとこんな感じです。

数字だけはおなじみだと思いますが、では実際どんな感じの芝が試合には適しているのかは、おそらく皆様の思っているものと逆だと思います。


好まれない状態というのは、

まずグリーンはサンドグリーンです。ゴルフを興行として演出する上で求められる要素は速さより固さです。サンドグリーンはこれを台無しにしてしまいます。
ゴルフは狙ったところにボールを止められる技術を競います。
サンドグリーンは砂で固めてあるためにスピンが解け、競えなくなってしまうんです。

好まれるグリーンというのは、
子供の五分刈りのような感じをイメージしていただければと思いますが、しっかりと芝の芽数の揃った芝の立った状態のグリーンです。こうすると技術の優劣がハッキリと出てきます。

そして芝の立った固さでコンパクションを高めることが重要です。芝の下の土の固さでコンパクションを高めると、雨降った時にグリーンにすぐ水が浮き、さらにコンパクションがすぐに大きく緩んでしまうということにもなります。
よく、雨量が少なくてもサスペンデッドになったりしてしまう原因はここにあります。

なので、1年に出来れば2回はグリーンのコアを抜き(エアレーション)床をしっかりと入れ替えることが重要なのですが、

ゴルフのトーナメントは1年365日のうちのたった7日間。

営業はそれ以外全ての日。

難しいところもあります。


フェアウェイが1番感覚が違うのではないでしょうか?

私たちが求めるのは、出来るだけフカフカしていないものなんです。

ボールが浮いているととても打ちづらい。インパクトの瞬間、ボールがフェースの上に当たりやすくなってコントロールがしにくくなります。

これはティーイングエリアも一緒で、フカフカの芝はスパイクのグリップが効かず、パフォーマンスの低下につながってしまうので、しっかり砂と刈り込みでコントロールしていただいたます。

日本は、レール乗用カートが多く導入され、普段からフェアウェイの踏圧が少なっなってきてしまいました。これも芝の状態を低下させる要因になっています。

セルフのコースでも、フェアウェイ乗り入れ可のところは、一定の踏圧がありますので、フェアウェイがしっかりと締まった良い状態を保てている筈です。


長くなりましたね。


芝の管理の方々が、本当に大切に育てているのは痛いほどに理解します。
そこにゴルフの演出の理解が入れば、もっともっと進化したものが出来るはず。

それを知っていただければ、嬉しい。


宍戸ヒルズの状態は素晴らしいです。1度プレイしに行ってみていただけたら嬉しいです(^_^)

2019年2月12日 (火)

今年の予定

今年の予定
お久しぶりです。


皆さまお元気でしょうか?インフルエンザが猛威をふるってましたが大丈夫でしたか?


私は特に風邪もひかず、体調もいつも通り壊さず、元気いっぱいです。


1月はあまり予定が入らない為、存分にラウンド致しました。気候も安定していますしね。

山にも篭りました。スキートレーニングを楽しんでます。

身体もしっかりとしてきて、食事のコントロールも相まって、もうすぐ理想の体重になりそうです。ここからが自分との戦いですけどね・・。


今後の予定です。


今年もJGTOでのコースセッティングがメインになると思いますので、選手としての活動は最小限になります。

いつ、プレイしてもしっかりとお見せできる状態には常にしておきたいと思っております。それが私のモチベーションです。

担当トーナメントは、

AbemaTVツアーは
開幕戦、
Novil cup


ツアートーナメントは
開幕戦、
東建ホームメイトカップ
ツアー選手権
ダンロップ・スリクソン福島オープン
RIZAP KBCオーガスタ
パナソニックオープン
HEIWA・PGMチャンピオンシップ
三井住友VISA太平洋マスターズ

を担当予定です。

解説も、
AbemaTVツアー、ツアートーナメントをいくつかする予定です。

先日はゴルフネットワークにてSMBCシンガポールオープンの解説も初めてさせていただきました。


ご視聴いただきました皆様、ありがとうございます。


自分の試合は昨年に引き続き、北陸オープン、群馬県オープンに出場する予定です。


今年43歳になります。

ツアー選手としてのタイムリミットを、出来るだけ伸ばせるように、日々あがいていきたいと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »